ゴムを「削る」ための機械(まとめ)


ゴム通が使っているゴムを削るための機械の幾つかをご紹介しましょう。それらは金属や樹脂を削る機械と同じものです。


ブロックの削り出しや穴あけで活躍「フライス盤」

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b9%e7%9b%a4%ef%bc%88%e3%82%89%e3%81%8f%e3%82%89%e3%81%8f%e3%83%9f%e3%83%ab%ef%bc%89

フライス盤とは、ドリルやエンドミル、フェイスミルなどの切削工具を回転させ、素材を形にするための機械です。X軸、Y軸、Z軸のそれぞれの制御軸を動かすことで、様々な形状に削り出します。

%e5%b7%a5%e5%85%b7%e9%a1%9e%ef%bc%884%e7%a8%ae%ef%bc%89


自動化の「マシニングセンタ」

%e3%83%9e%e3%82%b7%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%88%e3%83%8d%e3%82%af%e3%82%b5%e3%82%b9%ef%bc%89

マシニングセンタとは、多種多様な工具をセットしてコンピュータの指令によって工具の交換を行ない、連続的な自動化を実現できる機械です。CAMと言われるコンピューターソフトウェアと組み合わせることで、手作業では難しい曲面を持つ立体形状などの削り出しも可能です。現在ゴム通の工場にはマシニングセンタに加え、制御軸がさらに増えたマルチタスキングマシンもあります。

%e3%82%a6%e3%83%ac%e3%82%bf%e3%83%b3%e6%b2%bb%e5%85%b7

CAMとの組み合わせで、3Dの局面を持つ形状も削り出しが可能です


丸い形状を削り出すのが「旋盤」

%e6%97%8b%e7%9b%a4%ef%bc%88%e6%b1%8e%e7%94%a8%ef%bc%89

素材をチャック(上の図を参照)に取り付けて回転させ、刃物で回転体を切削するのが旋盤です。ゴム通の工場には汎用旋盤に加え、連続的な自動加工もできるCNC旋盤もあります。

%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0

旋盤による加工例


加工機械 構造と特徴 作り出せる製品の主な形状
フライス盤 X軸、Y軸、Z軸を制御 穴あけをしたり、ブロックの平面的な削り出しをします
マシニングセンタ X軸、Y軸、Z軸をコンピュータによる数値制御 フライス盤でできることに加えて、曲面を持つ形状にも削り出しが可能
CNC旋盤 コンピューターによる数値制御 丸い形状(回転体)を削り出すのが旋盤で、CNCではさらに連続加工も可能
この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です