均一なゴム製品を作るためにも、NC加工機は欠かすことができません


ゴムの切削加工の業界は金属加工や樹脂加工などの業界と違って、まだまだ機械の自動化が進んでいないとよく指摘されます。少量だと手加工、量産になると金型を作って生地を流しプレス。これがゴム製品の一般的な製造法だからです。実際、ゴム通がNC旋盤(数値制御による旋盤)を導入したのは1990年代初期。ゴムのような柔軟性のあるものを、そもそも金属加工用のマシンで削れるはずがないという見方が一般的でした。ゴムの切削業者は今でも「ろくろ」と言われる加工機を使ってひとつひとつ手で製品が作られるというのが現状です。

しかし、今までの加工方法を一から見直し、旧態依然とした方法から脱却したのがゴム通。多くの製品がNC加工機(数値制御による加工機械)によって作られます。NC加工機導入の最大のメリットはやっぱり、手加工と違って均一な製品を作ることができること。金太郎あめも真っ青です!


動画で学ぶ

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です