トムソンとプレスでゴムシートをカットする


外国人が不思議に思う日本の習慣のひとつが「ハンコ」の文化。外国では自分のIDとして手書きのサインがあたりまえのように通用するのに… ハンコは「めんどくさい、不便」と酷評されます。でも考え方を変えれば、「ぽんっ」と押すだけで自分であることを証明できるので便利ですヨ。

さておき、同じサイズ、形状のゴムシートやフランジパッキンなどを大量に製造するとき、まるで「判を押したように」同じものをどんどん作る方法があるんです。「え? それって別の記事にあったプロッターで作ればいいじゃん」と思われるかもしれません。しかし、カッターが形状をなぞりながら切る仕組みのプロッターでは、少量多品種には即応できるものの、大量生産には限界があります。

そこで活躍するのがトムソンとプレス。

トムソンというのは、レーザーなどで正確にカットされた合板に、板状の刃物を取り付けた型。同じ形しか作ることができないので、いわば「ハンコ」のようなものです。下の写真のトムソンは直線で構成されていますが、トムソンの形をフランジパッキンや、シリンダーブロックのガスケットのような、ちょっと複雑なものにして打ち抜くことも可能です。

IMG_1996

トムソンを作るのに1日から数日はかかるものの、一旦トムソンができてしまえば、あとはゴムをシートを乗せてプレスするだけでどんどん同じものが作れます。

IMG_1993

プレスする機械

※弊社には1度に1ショットできるマシンしかありませんが、協力工場には、自動で材料を送りながら打ち抜く機械があります。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 3 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

One thought on “トムソンとプレスでゴムシートをカットする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です