金型ではなく切削でゴム製品を作るメリット


「U字型をした押出し成型の長いゴム紐、エッジの保護として使いたい。でも、ちょっとしかいらないんだよね。でもカット販売していない!」なんてことないですか?

そんな時こそ切削の出番かもです。

もちろん、切削で対応できるものはゴム素材の長さによって制限されますので、だいたい1メートルくらいまで。また中空となったP型などは切削ではできません。さらに、材料が分厚くなると加工できないこともあります。

写真は、職人が試しに作った加工サンプル。ほら、断面が犬の形をしていますね。切削に興味がおありであれば一度ゴム通に問い合わせてみましょう

IMG_7845

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です